IT 経済 マーケットのニュースクリップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第1四半期の世界PC出荷、前年比7.1%減=IDC

<<   作成日時 : 2009/04/19 12:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年1QのPC出荷台数は前年同月比で−7.1%
アメリカは−3.1%で意外にも落ち込みがひどくないです。

世界シェアは1位:HP(20.5%) 2位:DELL(13.6%) 3位:Acer 4位:Lenovo 5位:東芝 という順番です。
日本メーカーがまだ残っていたんですね。

第1四半期の世界PC出荷、前年比7.1%減=IDC
調査会社IDCの15日の発表によると、2009年第1・四半期の世界のパソコン(PC)出荷台数は、前年同期比7.1%減少した。ただし、価格下落や、ノート型PCの人気上昇を背景に、下落幅はそれほど大きくはならなかった。

 米国内の出荷台数は3.1%減にとどまり、他市場より堅調だった。

 IDCのバイスプレジデント、ボブ・オドネル氏は「米国が意外に強く、予想以上だった」とし、市場全体にとって明るい兆候、と述べた。

 IDCは、世界ベースの数字も予想を若干上回ったと指摘。PC需要はこれまで減少していたが、最近では落ち着いてきているとしている。

 米ヒューレット・パッカード(HP)(HPQ.N: 株価, 企業情報, レポート)は出荷台数が2.9%増。世界市場でのシェアは20.5%に上昇し首位だった。HPは米市場のシェアでもトップとなり、米デル(DELL.O: 株価, 企業情報, レポート)から首位の座を奪った。

 デルは第1・四半期の出荷台数が16.7%減少。世界市場でのシェアは13.6%に低下し、2位につけた。台湾のエイサー(2353.TW: 株価, 企業情報, レポート)、中国のレノボ・グループ(連想集団)(0992.HK: 株価, 企業情報, レポート)、東芝(6502.T: 株価, ニュース, レポート)と続いた。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第1四半期の世界PC出荷、前年比7.1%減=IDC IT 経済 マーケットのニュースクリップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる